(続き). こちらでは、Scratch 3.0のセットアップと、iPhoneのテザリングを利用したインターネット共有の設定までを説明します。

NVM 設定

1. NVM(Scratch 3.0のビルドに必要) インストール

Server/HTTPD 設定

1. 追加のパッケージをインストール

Scratch 設定

1. こちらのサイトへいき https://github.com/LLK/scratch-gui, [clone or download] をクリック → [Download zip] → [Save File] → [OK]

2. unzip してからインストール

Server 設定を行い httpのポート(80)を解放

Setup 完了

Macbookの Safari(ブラウザ)を開いてこちらにアクセスしてみてください: http://192.168.56.101

Wi-Fi Access Point 設定

1. iPhone と Macbookを USBケーブルで接続します。

2. [設定] → [インターネット共有] → オン

3. MacBook, インターネット共有設定

– [システム環境設定] → [共有]

– [共有する接続経路:] “Wi-Fi”

– [相手のコンピュータでのポート:] “iPhone USB”

– “インターネット共有” チェック → [開始]

– 接続が可能になるとネットワークアイコンが変わります → 

VirtualBox VM 再起動

1. VM Power off (実行中の場合)

2. ネットワークアダプターを変更

– アダプター 1 と 2 を無効

– アダプター 3を有効 → “ブリッジアダプター”を選択 → “名前:”iPhone USB” → [OK]

3. VirtualBox [表示(H)] → 起動したらサインイン → IP Addressをメモする “170.20.10.XX”

接続完了

1. 他の PCから Wi-Fiの接続先を “MacBook”を選択

2. ブラウザから “170.20.10.XX” へアクセスする。Scratch 3.0が表示される㊗️

Go to:Scratch 3.0 サーバ構築 VirtualBox + CentOS + macOS編 – 1/2